東京都西多摩郡檜原村の特産品(じゃがいも、舞茸などの野菜、こんにゃく、ゆず、ひのはら漬、じゃがいもアイス)などが揃う通販サイトです。

「東京都 都内産品販売活動支援事業助成金」支援ショップ


2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
会員登録/修正
 
 
 
 
 
 

トップ > すべての商品 > 【数量限定】 ひのはら紅茶一番茶 ”やえ” 【15g入り】

【数量限定】 ひのはら紅茶一番茶 ”やえ” 【15g入り】

 ★★無化学肥料・無農薬にこだわる★★
季節で味わう東京の紅茶「ひのはら紅茶」

檜原村の自然の中で作られる「ひのはら紅茶」は季節や
その年の気候によって味わいが違います。
季節ごとの自然の贈り物、ガーデンティー「ひのはら紅茶」が
毎日の生活の憩いになれば幸いです。

こちらの商品は、一番茶 ”やえ” です。(発売時季 2018年7月予定)
一番茶(新茶)を摘んで紅茶にし、熟成を待たずにフレッシュ感を楽しんでいただく季節限定品です。
この時期しか味わえない「紅茶nouveau(ヌーボー)」。
ダージリンなどでも「春摘み茶」として珍重されてきた飲み方で、浅い水色とほのかな甘い香りが特徴です。

(この商品以外には、
 ・二番茶「ゆう」、
 ・長期熟成品「まさ」、
 ・通年販売の「ひのはら紅茶」
 が御座います。
 ひのはら紅茶を使用したアイスも販売しております。)

-----
檜原村では昔から小さな茶畑が点在し緑茶が作られていました。
テレビ朝日「人生の楽園」他メディアで取り上げられ話題になった「ひのはら紅茶」は、都立高校の教師をしていた戸田さんが、村に移住、放置されていた茶畑を再生し、自宅脇に設置した「檜原の茶工房」で作った紅茶です。

地元の方々に協力してもらいながら、できるだけ手摘みされた茶葉は、戸田さんの茶工房で乾燥、揉捻(揉んで細胞組織を壊す)、発酵とじっくり時間をかけて紅茶に。

戸田さんが「収穫する畑や時期で味が異なっても、どれも美味しい」を目指して作った貴重な一品です。
価格 : 540円(内税円)
数量    売り切れ
 

檜原村

配送料:関東:1,000円、北海道・東北・信越・北陸・東海・関⻄・中国・四国・九州:1,200円、沖縄・離島:1,600円
*クール便は+300円

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ